ニキビ洗顔とスキンケアの方法

ニキビ洗顔とスキンケアの方法|ニキビ洗顔料おすすめランキングねっと
> > ニキビ洗顔とスキンケアの方法|ニキビ洗顔料おすすめランキングねっと

ニキビ洗顔とスキンケアの方法

ニキビは思春期のみならず、大人であっても頭を悩ませる存在です。一度顔にニキビができてしまうと、痕になってしまうことなどもありますから、ニキビができたとき、できやすいときにはニキビ洗顔とスキンケアを心がけることで対処をしなくてはなりません。

 

ではニキビを予防したり治したりするときのスキンケアで特に注意したいことは何かというと、最も大切なことは「油分を少なく、水分を多く」というバランスです。

 

ニキビのほとんどは、アクネ菌と呼ばれる雑菌の繁殖によって発生するものとなっています。アクネ菌が繁殖しやすい環境を作るということは、ニキビが悪化しやすくなる環境を作るということにほかなりません。

 

ニキビ洗顔を行うということは、皮膚に住み着いてしまったアクネ菌を退治し、繁殖しづらいように油分を落とすという目的があるのです。ですがニキビ洗顔を行ってしまうと、使用する洗顔料などによっては、皮膚の保湿に必要な油分まで落とされてしまうことがあります。

 

「ニキビができているときには皮膚になるべく何も付けないほうがいい」と言われるようなこともありますが、これはすべての場合に当てはまるわけではありません。

 

特に大人になってからできるニキビは、皮膚が乾燥して角質が厚くなって毛穴がふさがれてしまった結果、皮脂が詰まってしまったことによってできるものが非常に多いのです。

 

こういった原因によってニキビができてしまっているというようなときには、ニキビ洗顔のみではなく、保湿のためのスキンケアにも注意が必要です。顔を洗ったあとには肌の水分を保ってくれる作用のある「セラミド」や「ヒアルロン酸」といったような成分が含まれている化粧水をつけてやることが非常に重要となります。

 

また化粧水を付ける際にはコットンを使うのが通常ですが、コットンを皮膚に押し当ててしまうと、時としてそれが刺激となって肌を荒れさせる原因となってしまうことがあります。ニキビができているときは、なるべくやさしく、手で触ることでなじませてやるのが良いでしょう。

 

関連ページ

ニキビ洗顔とクレンジングの仕方
ニキビ洗顔の前にはクレンジングをします。その方がニキビ薬が肌に浸透しやすいからです。
石鹸でのニキビ洗顔のメリット
石鹸でのニキビ洗顔のメリットは、一般の洗顔料と違って界面活性剤が入って無い事です。脂をしっかり取れるのは良いのですが、肌への負担が大きいのです。
皮膚科でオススメのニキビ洗顔
皮膚科でオススメのニキビ洗顔は適切な洗顔料を使う事と、過剰に洗顔しない事です。皮脂を取りすぎると逆に皮脂の分泌が多くなり、ニキビトラブルの原因にもなります。