ニキビ洗顔 洗いすぎ

洗いすぎにも注意!|ニキビ洗顔料おすすめランキングねっと
> > 洗いすぎにも注意!|ニキビ洗顔料おすすめランキングねっと

ニキビ洗顔料の洗いすぎにも注意!

ニキビケアにおける洗顔は洗いすぎに十分な注意が必要で、念入りな洗顔を行った結果として逆にニキビが増加してしまう事例は多数存在します。

 

その理由として過剰な洗顔は肌の保護に必要な皮脂まで落としてしまい、表皮を乾燥させる傾向がある為、逆に肌細胞が多くの皮脂を分泌するよう促してオイリー肌へ変化していく点が挙げられます。

 

オイリー肌へ変化すると分泌された皮脂の量が原因で毛穴の詰まりを起こすリスクも自然と高まる事から、最終的にニキビの増加へと繋がっていきます。万が一にも既にニキビができてしまっている場合には、洗顔時の刺激でニキビが潰れてしまったり、炎症の悪化を招く危険も考慮するべきです。

 

洗いすぎの状況へ陥らないような洗顔方法としては、ニキビ洗顔料の扱い方が重要なポイントで、洗顔料をしっかり泡立てておき鼻周りのTゾーンから泡を転がすように洗うのが正しいケア方法になります。

 

洗顔後に使用したニキビ洗顔料が残っていると肌荒れを起こす事がある為、ぬるま湯と冷水を利用してしっかり洗い流す必要性が生じます。洗い流した後は即座に保湿ケアを行うのが理想的な選択で、乾燥させたまま時間が経過すると余計な皮脂分泌を促してしまいます。

 

基本的には1日2回ほど洗顔を行えば十分とされており、個人差はありますが洗いすぎに陥らない1つの目安となります。また、ニキビ洗顔料の中には界面活性剤を配合した皮脂及び汚れに対する洗浄力のみを重視している商品が存在しているものの、重要な部分は洗浄力ではなく泡立ちの良さである事に注意しなければ逆効果です。

 

人によっては界面活性剤自体が強力すぎる可能性も考えられるので、できるだけ含まれていない製品を選んでおくのが安心といえます。

関連ページ

ニキビを悪化させないコツ
ニキビ洗顔はニキビを悪化させないコツ。
洗顔はニキビ予防にも効果はある?
ニキビ洗顔はニキビ予防にも効果はある?
ニキビ洗顔料以外の効果的なケア方法
ニキビ洗顔と合わせてできる効果的なケア方法。
顔以外のニキビ
顔以外のニキビにも効果的なニキビ洗顔料。