ニキビ 食事

ニキビができにくい食事とは?|ニキビ洗顔料おすすめランキングねっと
> > ニキビができにくい食事とは?|ニキビ洗顔料おすすめランキングねっと

ニキビができにくい食事とは?

ニキビケアのポイントは洗顔だけではありません。化粧水などで保湿することも大切ですし、睡眠をとることや食べ物を見直すことなども大切です。ニキビ洗顔料の選び方や洗い方を意識するだけでなく、ニキビケアのためには生活習慣を見直すことも大切です。

 

ニキビ洗顔料を替えただけで治るほど単純なものではありません。生活習慣も改善しましょう。食事は肌に大きな影響を与えます。食生活が乱れるとニキビや肌荒れを起こしやすくなります。

 

皆さんもインスタントやファストフードを多く食べた時に、肌荒れやニキビができやすくなったという経験ないですか?ニキビが出来にくい肌を作るためには、脂っこいものは避けて、甘い物や加工食品は避けましょう。やはりファーストフードやスナック類も避けたほうがよいです。

 

推奨の食品

ニキビケアのためには、肌のターンオーバーを助ける食べ物やニキビを予防する食べ物を積極的に食べると効果があります。

 

肉や魚、卵、乳製品、大豆など良質のたんぱく質を含むものや、亜鉛や鉄分などのミネラルを含んだレバー、牡蠣、納豆、牛肉、海草類など、ビタミンCをたっぷりと含んだ赤ピーマン、パセリ、レモン、イチゴなどの野菜や果物などを積極的に取るとよいです。

 

栄養バランスを考えて、1日三食、規則正しく食べるようにしましょう。食べ過ぎは過剰な栄養素を体に溜めこむことになり、ニキビとして現れることになるので腹八分目を心掛けましょう。少しお腹がすいた状態の方が、自然治癒力が高まると言われています。

 

食事によって、皮脂の量も変わる

顔が脂っぽいという方は、やはり皮脂の分泌量が多い体質ということが第一に挙げられるでしょう。なぜ皮脂の分泌量が多いのかというと、食事が偏ることで、健全なお肌を作れていない事があります。

 

例えば、肉食から野菜中心の草食に数日間でいいので変えてみて下さい。朝来て顔を洗う時に、脂っぽさが軽減されてくるのが分かります。

 

その他の原因としては乾燥肌が挙げられます。乾燥しやすい肌は水分量が足りないということですので、これを補おうとして皮脂が過剰に分泌されます。内側は乾燥、外側は油分の多い肌のことをインナードライといいます。

 

こういうタイプの方はとにかく水分量を増やすために、化粧水をたっぷりつけて保湿し、上からはきっちり乳液などで蓋をするスキンケアを徹底します。それから、実はホルモンバランスの偏りが原因で皮脂の過剰分泌が起こることが少なくありません。

 

主に男性ホルモンであるテストステロンという物質が過剰に分泌されていると、皮脂量が多いギトギトした肌になりやすいです。食事を変えてもどうしても肌質が変わらない!という方は、サプリメント併用でニキビの発生を抑えられることが考えられます。

 

何を併用するかというと、まず男性ホルモンを抑えるためにノコギリヤシのサプリメントが有効とされています。これは薄毛治療などにもよく使われていて、テストステロン分泌を阻害する働きがあるとされています。

 

あとは女性ホルモンのエストロゲン様の働きをするとされているイソフラボンを摂取して、ホルモンのバランスをとるとよいでしょう。

関連ページ

大人ニキビと糖分の関係
大人ニキビと糖分には関係があるます。
睡眠不足を解消しよう!
ニキビは洗顔だけじゃない!睡眠不足も解消しよう。
洗顔と内側のケアで治す
大人ニキビは洗顔と内側のケアで治す。