ニキビ洗顔 脂性肌

脂性肌向けのニキビ洗顔|ニキビ洗顔料おすすめランキングねっと
> > 脂性肌向けのニキビ洗顔|ニキビ洗顔料おすすめランキングねっと

脂性肌のニキビ洗顔料

脂性になっていると、雑菌や細菌が付きやすだけでなく増殖しやすくなりますので、ニキビなどの肌トラブルにも見舞われやすくなります。では脂性の方に向いているニキビ洗顔料はどのようなものなのでしょうか、まず脂性肌に付いて理解しましょう。

 

通常肌は皮脂と汗などの分泌物が乳化して皮脂膜となります。そしてその膜が天然のクリームの役割を担って、様々な刺激から肌を守りますが、この分泌が何らかの原因によって過剰になっている状態のことを脂性肌と呼びます。

 

意外と部分乾燥しているかも

大手化粧品メーカー調べでは、大人ニキビができるのは、その部分のお肌の乾燥が関係しているそうです。ニキビ=脂っぽい というイメージから、必要な皮脂まで取ってしまうと、お肌の水分が逃げてしまい、逆にニキビができやすいお肌になっているのです。

 

顔に皮脂が溜まりやすい脂肌の方は全部取りたい気持ちをグッとこらえましょう。ただ、あまりにも皮脂が蓄積するのも良くないですから、1週間に1度のペースできれいにするのが最適です。

 

この脂性肌に向いているニキビ洗顔料は添加物が少ないものを選ぶようにしましょう。添加物が多いと、その添加物の刺激によって、皮脂や汗などの分泌が増えてしまい逆効果になります。

 

固形石鹸の場合には通常の洗顔料とは違い洗浄成分や脂分、美容成分などが含まれていませんので、皮脂やほこりを取り除くといった目的のために作られています。

 

脂性肌に向いているニキビ洗顔料の固形石鹸は脂分が少ないので、油分の多い肌には最適になります。また固形石鹸は他の洗顔料と比べると水分が少ない為、合成界面活性剤の使用が少なくて済みます。

 

合成界面活性剤は水と油をくっつける役割を担っているのですが、そもそも水分が少ない固形石鹸には合成界面活性剤を大量には使用しません、

 

そしてこの合成界面活性剤は肌に刺激を与えてしまいますので、脂性肌の方にとっては皮脂などを増やす原因になってしまいます。固形石鹸を使用して洗顔をする際にはも注意しなくてはならないことがあり、顔をしっかりと濡らして、石鹸を泡立てることです。

 

肌が渇いていると肌への刺激が強くなりますし、石鹸を泡立てないことも肌への刺激を強めてしまいますので、しっかりと顔を湿らせて、泡立ててから洗顔をしましょう。

関連ページ

混合肌のニキビ洗顔料
混合肌にピッタリのニキビ洗顔料について。
クレーター予防のニキビ洗顔料
クレーター予防に使えるニキビ洗顔料。
男性向けニキビ洗顔料はコレ!
男性のニキビにも使えるニキビ洗顔。