ニキビ痕を改善する洗顔方法

ニキビ痕を改善する洗顔方法|ニキビ洗顔料おすすめランキングねっと
> > ニキビ痕を改善する洗顔方法|ニキビ洗顔料おすすめランキングねっと

ニキビ痕を改善するニキビ洗顔方法

ニキビは男女問わず、あらゆる人にとって非常に悩ましい存在です。特に無意識に触ってしまった場合や、寝ている間に触ってしまったというような場合、ニキビがつぶれてニキビ痕になってしまうことがあります。

 

ニキビ痕は非常に長期間にわたって残ってしまう存在ですし、一度できてしまうとそれがコンプレックスになってしまうこともあります。もしニキビ痕ができてしまったというときには、ニキビ痕に対処できるようなニキビ洗顔を心がけることが重要です。

 

ではどのようなニキビ洗顔が効果的かというと、これは出来てしまった痕の状態にもよって変わってきます。一番軽度なものとなるのが「ニキビが炎症を起こして赤くなっている」という状態です。

 

これはしっかりと治すことができれば後まで残るということはほとんどありません。サリチル酸やビタミンC誘導体、グリチルリチン酸ジカリウムといったような皮膚環境を改善させる成分が入った洗顔料を使ってニキビ洗顔を行い、しっかりと保湿をすれば、きれいに治ることでしょう。

 

赤みが悪化してしまった場合はどうなるのかというと、これは色素沈着と呼ばれる状態になります。出来物がもうなくなっているのに、そこだけ赤くなってしまったり、茶色くなってしまっているというような状況がこれです。

 

この場合はシミができているときと同じ状態になっていますから、ハイドロキノンやアスコルビン酸、水溶性プラセンタエキスといったような、皮膚にできた色素沈着を落とす作用のある化粧品を使っていくと良いでしょう。

 

色素沈着は治るまでに多少時間がかかりますから、しっかりと根気をもって取り組んでいくのが重要です。そして色素沈着を超えてしまった、つまり大きなニキビをつぶしてしまったという場合には、皮膚に凹凸ができてしまいます。

 

こうなってしまうと、通常のニキビ洗顔だけでは対処できないケースもあるでしょう。最も効果的なのは皮膚科などで治療を受けることですが、家庭で対処をしたいという場合には、ケミカルピーリングを行うことが効果的となります。

 

ケミカルピーリングとは、皮膚の角質を溶かしたり、落としたりする作用のある薬品を患部に塗りこむ治療法です。これを行うと皮膚の表面が滑らかになりますので、凹凸を無くすことができるのです。

 

しかし完治までには時間がかかりますから、もし凹凸を治すという際には、長期戦になることを覚悟しなくてはならないでしょう。

 

関連ページ

敏感肌のニキビ洗顔方法
敏感肌はニキビができないと思っている方もいますが、ニキビができる原因は乾燥肌だという事が分かっています。ニキビ洗顔は乾燥肌にも使える物で、肌の油分を取り去ってしまうような洗浄力の強い物は避けます。
肌のザラザラを改善するニキビ洗顔
肌がザラザラしている時は、ターンオーバーがうまくできていません。クレンジングで古い角質を落としてからニキビ洗顔をします。
男性にオススメのニキビ洗顔について
男性にオススメのニキビ洗顔料は、泡立ちの良い物です。男性は力任せにごしごし洗いますけれど、思うほど毛穴の奥の汚れは取れていません。キメの細かい泡立ち洗顔料で優しく洗う方が逆に汚れは良く落ちるのです。